出産祝い 木のおもちゃ

安全性の高い日本製の木のおもちゃがおすすめ!

おもちゃ選びに悩む人

こんにちは、現在49歳になる主婦の宮本と申します。

 

出産祝いの時に、どんな木のおもちゃを贈れば喜んでもらえるのか・・・、私は自分の経験から初産であればストローファームで製造している木のおもちゃをおすすめします。

 

このおもちゃは日本製で安全性も高く、優しい手触りと五感を刺激する木材の香りが、赤ちゃんの感性を養うのに最適なんです。また、通販の知育玩具の人気ランキングでも、木のおもちゃは常にトップ10の常連であることもおすすめの理由

 

意外でしたか?

 

第一子の出産祝いの相場が5000円〜10000円であることを考えると、木のおもちゃはその範囲にも納まり易いですし、幅広い年代のママさんにも喜ばれる率が高いんですよ。さらには、赤ちゃんが成長した時に、そこから漂う木の香りは昔を懐かしむ心をも呼び覚まします。

 

ちなみに、友人関係なら3000円〜5000円程度が相場になります。第2子の出産を祝う場合はスタイ(よだれかけ)やおむつなどが適しています。

 

大抵は、大手の玩具メーカーのプラスティック製のものを選ぶことが多いと思います。でも、ママさんとの付き合いの中で良く聞くのは「プラスティック製の玩具は何となく化学物質が付いてそうで怖い」という感想。

 

実際は規制が厳しくなっているので問題はないはずですが、やはり素材が木材なら植物由来だから安心という意図もあることも、おすすめの理由です。

 

木のおもちゃ イメージ

また、木材には自然の温もりや優しい質感、そして何よりプラスティックにはない香りがあります。物心がつく前から自然に触れることで、感性豊かな子供へと成長していく・・・、そんな願いと想いを込めて贈る品物なら、木のおもちゃは初産のママさんへのプレゼントに最適ですね。

 

 

「皇室ご愛用品」の木のおもちゃは日本製!人気ランキングの常連!

 

皇室ご愛用の木のおもちゃ 取扱い店の画像

かれこれ、20年以上、毎年最低3回は出産祝いにプレゼントを贈っている経験から、高い確率で喜ばれる木のおもちゃがあります。第一子が生まれた時に贈る際は必ずこのメーカーのおもちゃを出産祝いとして贈ると決めてるんですね。そのメーカーというのが、皇室ご愛用品としても人気が高いストローファームが製造している木のおもちゃ。

 

値段は数千円〜3万円クラスのものまでありますが、個人的にお奨めなのは赤ちゃんが好む、木のおもちゃセット。第一子の出産祝いの相場にも適しているし、予算額としても平均的、何より一般的なお店で買える木のおもちゃでは感じることができない香りは、赤ちゃんも癒してくれます。

 

実をいうと、ある時までは一般の玩具屋さんで手に入る木のおもちゃを選んでたのですが、ストローファームの木のおもちゃは機械生産されたものと、香りや手触りの点で一線を画します。そんなに違うの?と思われるかもしれませんが、長年木のおもちゃに触れているとやっぱり違いがわかるんです。

 

実際、私は初産の出産祝いで贈るとき9割はストローファームさんの木のおもちゃを選ばせてもらってます。

 

第2子誕生の贈り物に木のおもちゃは見送ろう

 

第2子の誕生時に木のおもちゃを贈る際は若干注意が必要です。なぜなら、他の方からの出産祝いと被ることがあるからです。既に第1子の時にセットものを頂いていることも多いので、第2子の時には、単品物かよだれかけ、そのほかにも衣類などがお奨めです。

 

衣類などを選ぶ際は、次の点を考慮して選ぶといいですよ。

 

  • 原色が好きなママさんならやや明るめの色を
  • シンプルなカラーコーディネートが多いママさんならシンプルなよだれかけ

 

ちなみに、私がよく利用しているのはマールマールというメーカーのよだれかけで、名前を入れてくれるサービスもあるので喜んでくれますよ。。

 

単品物として木のおもちゃを選ぶ場合、『おふろでちゃぷちゃぷ』というストローファームさんの木のおもちゃを選ぶと、パパさんにも喜ばれる率が高くなります。パパさんが入浴係になっているご家庭も多いですからね。

 

『おふろでちゃぷちゃぷ』という木のおもちゃは、ヒノキを使ってるのでお風呂で湯船に浮かべるとヒノキの香りが広がり、赤ちゃんも心地よさそうな表情で遊んでくれると、多くの報告も頂いているので確かだと思いますよ。

 

おもちゃに使われる木の加工法も考慮

 

木を材料として使っているおもちゃの中には、安価なものも一般のお店に流通しています。一見すると一流の贈答品と見栄えだけは同じに見えるため、出産祝いの品として購入する方も多いようです。しかしここで考えて頂きたいことは材料として使われている木の加工法です。

 

さすがに出産祝いの品として贈るものですし、赤ちゃんが触ったり咥えたりすることから危険な薬品は使われていないでしょうが、やはり購入するうえで、材料である木の産地や加工方法をしっかりと確認した上で購入したいものです。可能であれば、メーカーの公式ページなどで木の産地も含めて加工法を確認することを強くおすすめします。

 

ちなみに、木から伝わる温もりや香りが赤ちゃんの感情に良い影響を与えることを考えると、やはり国産の木を使って優しい加工法で造られたおもちゃを出産祝いの品として贈りたいですね。